So-net無料ブログ作成
検索選択

ユーザー追加に関わること [RasberryPi]

ユーザー pi は管理権限を持ったユーザーなので、普段に使うユーザーとしてこれを使うことは unix の流儀に反する。そこで、新しいユーザーを作り、システムの挙動について実験をした。

① ユーザーの追加
  sudo adduser (UserName)  (UserName)に適切なユーザー名を入れる。
 途中、このユーザーに対するパスワードの設定を求められる。適切に設定する。
i) このユーザーでログインした場合、LXTerminal で接続される (UserName)@raspberrypi は/home/(Username) につながる。ここで、is をかけると、日本語ダウンロードやドキュメントなどの日本語名がついたフォルダが現れる。
ii) 日本語の設定などは、ユーザー毎に行われる(当然)。(UserName)ユーザーでも pi ユーザーの時と同じように設定する。
iii) Scratch などのプログラミングツールが起動しない。権限を適切に設定しないといけない。研究が必要。

② pi ユーザーのメンテナンス
 設定メニューから、RaspberryPIの設定を選び、そこでパスワードを入力する。これはあとで使うので重要
 pi ユーザーではいるのチェックを外す。
 リブートする。

③ X-Window が起動する前に、(UserName)でログインするか聞いてくる。
 (UserName)でログインしたい場合は、adduser 時点で決めたパスワードを入れてはいる。
 pi ユーザーではいる場合は、ユーザーの選択ボタンで pi を選び、②で入れたパスワードを入力する。

(UserName)ユーザーは制限がかかっているらしく、reboot はできるくせに cat ができない。まだまだ調査が必要。とりあえず今日はここまで。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。